憂鬱な日々いかがお過ごし

今まで原付で移動をしていたので急に徒歩になるとものすごい不便さを感じる。と同時に行動範囲が狭くなることへの恐怖と不安が襲うのだ。ってことで自転車を買ってきた。これも1万以内に収まるだろと思っていたけど実際二万弱だったというね。しかしながら自転車を得たことで各段に移動が楽になったし移動時間が大幅に短縮できたのでコスパはいいだろう。ママチャリだけど乗り心地いいし六段ギアという高性能なので満足満足。それにしてもこっちは歩道が狭い上に自転車利用者がかなり多い。道路を走ろうとも外側線が狭いため危ないのだ。まあ事故らないように安全運転を心がけしないと。
役所に行き、買い物も終わって、夕方からビール飲みながらサマーウォーズを鑑賞。この作品はいつ見ても面白いし、なんと言っても夏樹先輩が可愛い。けんじへのキスシーンが憎いほどうらやましくてしょうがない。こんな子が存在するなら寿命が半分になってもいいから付き合いたいわ。


さて、今ベッドがほしい。布団も実は今ない。どうやって寝てるかと言うと床の上にエアマット敷いて寝袋で寝てる状態である。まさに野宿スタイルw旅かなんかで野宿経験者ならわかるだろうけど外でできるなら安全圏である家の中なら余裕なのだ。ただやっぱり布団でねたほうが気持ち(・∀・)イイネ
それと早くネットが繋がって欲しい。携帯は繋がらなくても何ら問題ないのだけども、ネットができないと世界と遮断されたような気分になり、それが不安で非常に恐ろしいのだ。とりあえず光回線にしようかと思っていたがマンションのくせに戸建てタイプといううんこっぷり。戸建てタイプだと料金も高くなるので思い切って気になっていたwiwaxにしてみた。下りが最高40Mだけどあくまで理論値で、実家のADSLも最高速度そんなもんだけど、速度測定してみたら10Mも行ってなかった。同じようなもんなら安いwiwaxをとるわ
明日はようやくDoCoMoを解約してくる。携帯からもネットが出来なくなる。これで完全WILLCOMさんの主役ですわ。パソコンのネットがつながるまでの辛抱。はあ、孤独な生活が始まるわ。いや、すでに始まってた
仕事開始まであとすこし
スポンサーサイト

戻る場所はない

ついにお引っ越し\(^o^)/
仕事やめない限りもう地元には戻ってこれないだろ。まあ戻れてもそのころには実家がなくなってると言うね。戻る場所なんてねーんだよ。さよなら地元、さよなら僕の学生生活……
さて五時間かけてこっちに到着したのはいいがめちゃくちゃ暑い。あきらか五月頃の陽気。おまけにキャリーバックがクソ重いし、駅からかなり距離があるのでマンションつくまでに汗びっしょw 久々にいい汗かいた気がする。 着いてすぐ買い出しに行くのだが周辺には生活に必要なお店がだいたい揃ってるので便利な場所ではある。しっかし家電って案外高いのね。当初の見積よりオーバーしたし、完全に舐めきってたわ。リサイクルショップもみたけどうーんて感じ。とりあえず
・冷蔵庫
・洗濯機
・掃除機
・ガスコンロ
を購入。のべ五万くらい。高くねぇ?しかも肝心の冷蔵庫と洗濯機が10日後ぐらいに届くという。これは流石に参る。学生のときなら平日も休日もかわらんから家にいれたけどさすがにそうは行かないお年頃なのだ。 それにしてもこれから大学生です!って感じの人達も結構買いに来てた。新女子大生イイネ!垢抜けてないあのフレッシュさがいいんだよな。まさにフレッシュプリキュア。しっかしなんだか初々しい。彼ら彼女らはこれから自由で楽しい大学生活がまってるだろう。一方僕ときたら…。よく考えたら働くために九州まで来たんだよな。まだそんな実感が湧かない。
まあとりあえず女の子と仲良くなりたいですわ。そんな勇気ないけど

さよならイエスタデイ

家庭の事情でむしゃくしゃしてるので昨日のうちに書きたい事を書いておけばよかったと思ってる。
昨日大学の卒業式に行ってきた。5年かかってようやく卒業にこぎつけたのだ。これで「学生」という免罪符もなくなってしまったわけ。しかし卒業式だというのに全く感動がない。高校の時もそうだったけどあまりにもあっさりしすぎて味気がない。それに華もない。学生時代の最後を締めくくるにはあまりにもしょうもない最後だったかな。(それにしても他学科の女の子の袴姿はかわいいなぁ)
正直大学へ行って正解だったかと聞かれたとしたら何とも言えない。別に勉強だって頑張ったわけでも長いスパンで何かやり遂げたわけでもない。記憶にあるのはヨットやったり自転車の旅したりしたことぐらい。まあ就職のために大学へ行ったわけなのだが、高卒で就職していたほうがましな人生を歩めたと思う。そして一番思うことは交友関係が広げられなかったこと。なんか世間との温度差をかなり感じた。人見知りな性格の上にノリが悪い。適当なことしか言わないし正直とっつきにくいキャラだと思ってる。人見知りしなくて明るい性格であれば精神的にもやむことはなかったと思う。もしかしたらしたらもっと多くの出会い(女の子じゃなくて)があったかもしれない。まあ正直この性格でこの先やっていけるか不安だ。飲み会やらも嫌いだし。
まあこの先どうなるかわからないけど、あの時大学へ行っていてよかったと思えればいいんじゃないかと思う。正直「大卒」の肩書など保険にもならないけど。まあ前も書いたけど視野が広くなったのはかなり実感しているのでそこは評価したいかな。

さて、今日は書類に追われた一日だった。明日送る荷物をまとめなければいけない。かったるすぎる
あとウィルコム携帯がようやく来た。
t_P1140215.jpg

早速画面に傷を入れてしまったというね。かなり軽いし電池の持ちも良いみたいなのでちょうどいい。時代はスマフォを行く中、僕は普通の携帯という。しかもウィルコムをメインに使うと試みる異端児。安いからいいんだよ。

社畜になるんだろうか

物産展の手伝いのため4日間大阪へ行ってきた。正直大阪に行くのは初めてだったけどなんかイメージしてた街とちょっと違ったかな。まあ中心部だからなのかもしれないけど案外静かな感じだった。
さて、販売・接客って難しいなと改めて感じる。僕の場合失礼のないように気を遣いすぎて、かしこまり過ぎているんだよね。なんか堅いというか。正直役者にはなれないなとおもうので売り子さんてすごいと思う。慣れだと言うけど内気の僕には非常にしんどい。そしてコミュ障だしとっさに言葉が出てこないんだよね。そんで噛みまくる。敬語とかクソくらえよ
しっかしいろんな客がいるわけで店の商品を馬鹿にしたというか煽るだけ煽って帰って行ったクソ爺や、商品を説明してもまったく通じずなぜか怒って帰って行った爺などごく少数だがそんな客もいたわけだ。販売とか接客の仕事やってる人って相当ストレス貯まるだろうな、うん。
それにしても朝9時ホテルへ出て夜9時にまたホテルへ戻るっていうリズム。物産展だからいいもの、仮に働き始めて毎日こんな生活していたらいずれ自殺したくなるだろうな。起きて働いて寝ての繰り返し。全く魂が入らないというか抜けきってる。高校時代の部活やってたころとあんま変わらない。社畜になりたくなくてもならざるを得ないんだな。こんなこと言ったら甘ったれんなと喝を受けるんだろうけど

あと手伝いって言っても今回は名古屋の時と違ってお金もらえるはずだったけどもらわずに帰ってきたんだよね(交通費・ホテルは会社の負担)だがタダ働きだとしたらこれは遺憾である。僕の地元での貴重な4日をどうしてくれるんだ。
ってことで今日は大学の卒業式なのでこれから電車に揺られて千葉へ行ってまいります。

現実のそり立つ壁はなかなか登れない

t_P1140206_20120317225449.jpg




t_[クリップボードの画像]



まさにこんな感じだった。いよいよ奨学金返済が始まるのだ。といいっても10月からだけど。奨学金借りていた人間にとっては非常に気が重いだろう。さあ、気が遠くなる返済レースの始まりさ。本当の地獄はこれからだぜ☆
さて、安月給の内、手取りでどんだけ残るのかちょっと気になったので調べた。これは知らないと損する。特に僕にとっては死活問題である。
まず社会保険料についてざっと
・健康保険
・労災保険
・雇用保険
・年金
こんなもんだ。労災保険は会社が全額負担、雇用保険は会社が多少多く支払うはず、健康保険と年金は会社と折半。しかし僕の会社は小さい零細のため健康保険は全額自腹、そして厚生年金ではなくて国民年金だと。ちなみ個年金人事業所で従業員4人以下の場合は任意適用らしい。5人以上でも業種によっては任意適用だとさ。

ぶっちゃけ交通手当もない。残業代出るのか不明。普通の企業に就職した人から見ればクソだろう。正直「なんで働くの?」って聞かれたら「うんこするため」って答えると思う。まあしょうがない。就職活動中のみんな、何とかある程度の規模の会社に行けよ。
ちなみに面倒くさいので言ってしまうと給料14万円である(約3ヶ月間)クッソ安い。院に行ってる高校時代の友達に話したら「既卒になるよりましじゃんw」「ボーナス出たらおごってね」だと。前者の発言ははいいとしてもさすがに奢ってねはっとイラッとしたわ。ボーナスもらえたとしても誰がおごるかボケ。テメーのほうが学生のくせに金もってるじゃんか。可愛い子に奢るなら考えるが野郎に奢るほど俺も甘くはない。まあ茄子もらえるかわからんけど。
収入が14万円だとしてとして計算する。
健康保険料11587円
国民年金15020円
雇用保険料700円
社会保険料の合計が27307円とまこんな感じ。あとリーマンが納める税金として所得税と、住民税。就職1年目は住民税が控除されるらしいので、所得税だけ考えると3900円である。
なので収入14万円の手取りは108793円となるわけだ。家賃・生活費のおおよその見積もりが6万円、奨学金が14200円くらいなので手元に残るのがだいたい3万弱・・・。計算合ってるのかしらんけどまあこんな感じか。正直当初の思惑通りの金額分貯金できないな。まあお小遣いを削ってでも貯金に回そうと考えてる。まあただ貯金するだけでは駄目なのである程度貯まったら投資に回そうと考えてる。銀行に預けたところで利子なんてないようなもんだし。どうやって不労所得を得るか

働くの怖い

昼に地元に帰ってきた。移動時間約35時間で滞在時間なんと6時間弱wほとんど眠れないし、風呂入れなかったし、おなら出ないように必死で我慢してたしw交通費は2万円以内に収まったけどさすがにきつかったな。
高速バスは今回初めて利用したわけだけど利用者は大体学生っぽい人たちばっかり。感想としてはケツが痛い。とにかくケツが痛い。2、3時間おきに休憩あったけどきつかったな。しかも全然寝れないし、暇つぶしの音楽プレイヤーは電池切れになるし。まあわずかな眠りだったけどでちょっとエロいい(゜∀゜)夢見れたわウへへ
さて、一様賃貸の契約を済ませてきて無事家も決定。会社に行って社長に挨拶し、速攻帰りの高速バスに乗るというハードスケジュール。夕方ではなく夜の便に乗ってれば銭湯に行けたけだろうに。しっかし福岡でかすぎワロタwって感じ。さすが主要都市だけのことはある。正直車の交通量も多いし、ペーパー同然な僕が果たして運転できるのかどうか・・・。
あと天神あたり女の子イパーイって感じでちょっと期待が持てそう。童貞にはまだまだ関係ないが中洲が気にになるな。


しっかし給料安すぎなんだよね。果たして3カ月後にはいくら上がるんだろうか・・。正直貯金できる気がしない。でもしないと困る、マジで困るのだ。学生のころよりも貧乏になりそうな予感

maro.jpg

最初は意気込んでた物の、徐々に現実という悪魔がこの体、そして精神をも蝕んでいくに違いない。働くの怖いでござる

賃貸、君に決めた

先日狙っていて賃貸がとられていたという。「また同じこと言ってんのか!」と突っ込まれてもいいレベル。もう賃貸探し飽きた!働きたくないでござる!とダダをこねていた昨日。こんなことで時間と労力を費やしてるなんてアホくさい。もう3月入って11日がたったわけだが。
そんなこんなでふと、自分はなんで九州まで行って働かなきゃいけないんだろうかと思ってしまった。地元からかなり離れてるし、簡単には戻れない。土地鑑もない、ましてや友達や知人など皆無。だからものすごい不安で仕方ないわ。
仕事は生きるためと割り切って、そこまで仕事にこだわる必要ないかもしれないが、普僕はこだわってしまった。もちろんこの業界に入るって決めたのも、九州へ行くと決めたのも自分なわけだ。まあ2月に入り、結構追い込まれている状態の中、選択肢として函館へ行くか福岡へ行くかの2択しかなかったわけで。後者選んだのはこちらの方がいい経験積めるだろうと見込んでのこと。裏を言えば前者と比べたら街も大きく栄えてるし雪もそんな降らないだろうってのもあったけど。
まあ働きに行くのではなくて自分の修行しに行くと考えが正しいだろうな。ま、ここまできたわけだからやるしかない。後にも戻れないしせっかく入り口にはいれたのだから。
しかし九州に骨を埋めるつもりはない、今のところは。いずれは関東周辺(せめて東日本エリア)に戻りたい考えている。縁があれば地元もいいんだけど。本当はその前に海外(たぶんアメリカになるのかな)へ行って勉強してきたいってのがあるけど金銭の問題、言語の問題が大きい。まあそこは何とかなると考えてるけど一番の問題は帰ってきたときに受け入れ先があるかどうか。たぶん30超えてるだろうし難しいだろな。完全に賭けになるし。あくまでこの仕事が嫌にならないで続けていた場合の妄想話だけど。
まあ僕は一度死んだも同然の人間だし、ダメだったときはその時だなwって感じの思考回路なので。お先真っ暗な23歳だけど今日も何とか生きてるよ。

ってな感じで、結局またいい物件を発見してアポが取れたので明後日賃貸見に行ってくる。ネ刀九州上陸

可愛かったあの頃の君がなぜ

久々にday after tomorrowの曲が聞きたくなって動画を見たんだけどあの頃のmisono可愛すぎワロタwいつからあんなケバくなってしまったんだろうか。歌唱力があっただけに今のmisonoを見てると非常に残念すぎる。
女の子も中学校のころまではみな皆純粋でかわいらしいのに、いつから道を踏み外したのか、久々に会ったりすると「え?」と思ってしまう子っているだなこれが。美形な子って案外ギャル路線に走ったり、稀だけどかわいかった子が知らぬ間になったりケバくなったりするパターンって結構ある気がする。そして昔大人し目の女の子がいい女になってたってパターンもよくある話だと思う。時の流れは残酷です、はい。もちろんもともと可愛い子は今でも可愛い場合がほとんどです、はい。
さて、今日はばあさんの家に行って飯を食べてきました。ばあさん所に行くと食いきれんぐらい飯が出てくるんだよね。魚の煮浸けがうまかった。小さいころ嫌いだったし老人の食うもんだと思ってたけど今じゃあんなにおいしく感じるからやっぱ味覚って変わるんだな。で、正直実家にいても飯は出てこない。冷蔵庫を見ても納豆しか入っていないというwいったいこの親父は毎日何食ってんだよ。いい加減自分で飯作れるようになれよと思う(じいさんですら自分で飯作っていたというのに・・・)


ニュー投より

20~30代男性、交際経験なしが全体の35%、恋人いない歴の平均は4.6年、恋人のいない期間は男性のほうが長期化する傾向

HAHAHA、気にすることはない。
前にも書いたかもしれないけど特別彼女がほしい願望はない。付き合うの面倒くさそうだし交際にも金かかるし、一人でいるの好きだし(まあさみしくなるけど)。
男にしても女にしても彼女がほしい!だの彼氏がほしいだ!の言ってるけどあれはよくワカラネ。あと彼氏彼女という肩書きを求める人ってのは結構いると思うがはそんな肩書きイラネ。好きと思える人ができたらそりゃ付き合いたいと思うわ。けど現状そんな子いないし、異性のいる場に積極的に行かないわけだからできっこないわけだけど。それよりか仲良くできる女友達はほしい。
なので今年もまた彼女いない歴=年齢にまた新たな一ページが刻まれることに違いない!ただ24に突入しようというのに付き合ったことがないと言うとやはり経験不足でどう接すればいいのかとかわからないだろうな。そこがミソなんだよね。女慣れしてない男よりも女慣れしていて経験も豊富な男を好む女の子も多いだろう。年上好きが多いのはそのせいだろうか。それにだ、歳が上がるにつれて結婚を意識しだようになるし利害がからんでくるから、歳が増すごとに難易度が上がるし面倒くせぇと思うだろう。やはり学生のうちに付き合うのがベストな。
まあ結婚するわけじゃないし付き合うだけなら気軽な感じもいいのかなとは思ったりしちゃう自分もいる。

そこの恥ずかしがり屋の君!好きな子できたら早く告白しないと飢えた野獣たちにとられちゃうぞ(ゝω・*)vキャピ
押しに弱い子なら尚更だ!

金なし時間あり

相変わらず家探しが難航中。これいいやんと思ってた物件がとられたりなんなり。
しかしまたよさそうな物件を掘り当てることに成功。2万3千円で都市ガス、トイレ・風呂別、ネット無料。まさにガッキーのような理想の物件。これはキタと思う。かなりキタと思う。立地もまあ悪くなくて自転車で会社に通える範囲。しいて言うならば駅から遠いってとこだな。この時期だから家探ししてるライバルは多く早い者勝ちってことでこれとられたらどうすればいいかわからないです。今すぐにでも行きたいけど社長に会社に立ち寄れ言われてるしその肝心な社長がただいま出張中という。来週の頭には行こうかと思ってるけどさて何で行くかがこれまた問題で。
時間はあるが金はない。まさに学生の宿命である。ってことで青春18きっぷでも買っていこうかなと思ってる。最寄駅から目的地まで丸1日。5時くらい出発で深夜0時前につくそうなり\(^o^)/
まあホテル代合わせても他の手段よりは一番安いんだよね。昔旅で名寄から函館まで丸1日電車に揺られてたけどさすがにきつかったし、今度は主要線路乗り継がなきゃいけないから北海道みたいにのんびりはいかないだろうと。


働くモノニュースより

就活で毎日交通費3000円ぐらい使ってるんだけど

地方から都心に来る人はホント大変そうだろうな。気の毒だけどまあ仕方ない。僕がまじめに就職活動してたころは遠くても名古屋まで。途中実家に立ち寄って補給してもら得たのでよかったけど。
交通費にどれだけかかった計算してみると約8万(実家からの補給、学割除く)とドえらい金額になったわ。こりゃ交通機関はがっぽがっぽ。まあ企業も応募者全員にいちいち払ってたらたまったもんじゃないってのはわかるわ。特に応募者が多いいいところなんて。だから最終面接間際の人だけに交通費を払うってのは普通に合理的なんじゃないかなと思うね。まあ就活してる人たちからしたらたまったもんじゃないけど。就職活動も完全に産業だからな。リク●ートさん、マイ●ビさん、儲かってますやろ

それにしても3カ月も待たせられた上に向こうから連絡してこなかったあのクソ会社のHP見たら新卒募集かけてやがったwなんかすごくイライラするわ。同じ業界内だしイベントとかで向こうの社長と顔合わせるときがいずれは来るんだろうか。。。。
まあでも今までそんな載せてなかった会社がTOPページにわざわざ掲載するってことは僕が問い合わせた効果が出かかったのかなと勝手に解釈(たぶんあの会社の規模なら新卒なんて今回初めてだろうに

温度差 その2

昨日NHKでタイタニックがやってたけどホントリアルだなと思うわ。CGすごすぎワロたwで、どこが一番感動するかって、最後のエンドロールのところ。そして主題歌の「My Heart Will Go On」はいつ聴いても素晴らしい。そんな感動をしつつまた一日が終わるという。アパート暮らしのときよりも堕落した生活が続いてるような気がする。ってかもう地元に帰ってから1週間経ったのかと思うと絶望レベルだわ。しかし寒いのはさすがにこたえるし、雨が多い。春はまだか、まだかいな。晴れたら図書館にでも行って本読んでこようと思う。おしとやかでかわいい女の子が本読んでいないかな

さてこの前の続きでも書こうと思う。
まずひとつ、中学の友達と会って飲んで思ったこと。
小・中の友達ってのは高校そして大学の友達とはまた違った感じ人達である。僕は大人しいほうだけど彼らはどちらかといえば活発でやんちゃ。人見知りもあまりしない感じでポジティブ、僕とは全く正反対のタイプのやつが多いと思う。だからたまに会って話すとその違う考え方をしているので非常に面白い。それにしても中学時代あんなにやんちゃなやつが大人というかまじめな意見を言うようになっててなんだか感動した(僕を含め頭のいいやつらではないが)そこらで遊びほうけてる大学生よりまともな考えだろうなと思う。

公立の小学校中学校ってその地域の人間ランダムに集まってくる。私立にでも行かない限り自分でその環境を選べないわけだ。だからこそいろんな価値観を持った人間がいる。高校大学ともなると、自分で進路決めなきゃいけない。だから上に進むにつれて自然に似たような人間が集まってくるわけだ。似たようなというのか方向性的に。だから小・中同窓会とか行けば分かると思うけどいろんな生き方してるのがわかると思う。
個人的には高校・大学の友達が一番落ち着くしノリも合うし話が合う。地元帰ってきても基本は高校の友達としか遊ばない。なんだろうか、話の「間」というか人間特有の「波長が」合うんだよね。やっぱり成長するにつれて人間を選んでいくようになるんだろうか。自分と似たような人間を。ただそうなってってくると考え方や価値観がいつの間にか偏る気がしてならない。そういう意味だと小中学校時代の友達と会って話すってのはかなり有意義な時間だと思う。しっかし笑いのネタが全く通用しないし返せる人間がいない。お前の話めんどくせぇwとまで言われる始末。そして遊ぶ時のノリが合わない。そこんところがネックなんだよな。遊ぶにしろ何するにしろ自分はやっぱりのんびりペースが好きだ。

続く

温度差 その1

高校卒業した人達おめでとう。高校3年間は人生の中でも非常に最も貴重な時間だと思ってるんだよね。そして人にもよると思うけど高校時代の友人・知人というのははこれからの人生においても関わることが多いと思う。だから大事にしてほしいと思うね。僕も高校を卒業して今年で5年になるのか。早いもんだよ全く。ほんと非常に懐かしい。
そして大学卒業確定した人達おめでとう。僕も無事大学を卒業できるということが決定した模様。そして僕の研究室全員無事卒業できるそうなり。そんで今日、卒論をまとめにわざわざ地元から大学まで行ってきたわけだけど教授が今までにない笑みを見せていた。初めて教授が仏に見えた。その時あーやっぱこのいい人なんだと初めておったわ。まあ教授も教授で大変だったことををし知ているし、卒研生全員無事卒業できるということでほっとしてるんだろう。まあそんな感じでであと卒業式迎えるだけだ。

さて、帰ってきて今日中学の友達と飲んできた。本当に久々である。最初3人でだったけど最終的に5,6人で飲んでた。途中で知らん人が来たどどまあ何とかやってた。
そのあと人生で初めてキャバクラというものに連れて行かれたんだ。とても純?な青年にとって夜の店というのは初めてだ。まあ何とかなるだろうと最初は思ってた。入店する前に無理にでも帰ればよかったと思う。
僕は正直人見知りだ。かなりの人見知りだ。ホント、知らん人間と話すのが相当苦手なので全くしゃべれない。席について友達と話していると続々と女の子が間に入ってくるわけ。こんな小さな町にも同い年ぐらいの女の子がいるこんな店があるのだ。そしてこんな間近に女の子がいるっていつぶりだろうか。友達は慣れたように女ンの子達と話しているのに僕はガッチガチに緊張して片言しか喋れないわけだ。周りが僕をいじり、彼女いない=年齢だという事を知ると「そんなふうには見えない」お決まりのうたい文句。正直こんな消極的な男に彼女ができるわけないだろ、うんこ。正直キャバやってるだけあって女の子たちは男慣れしてる模様だ。そんな僕を見て周りの女の子も相当気を使ってたのを痛いほど感じていいた。正直あの空気に僕は耐えきれなかった。早くこの状況から抜け向け出したかったのもあるが、興味本位でテキーラとスピリタスのロックを一気に飲み干した。初めて飲んだがはっきり言って相当きつかった。度数でいえばテキーラ40度、スピリタス96度。こんな高い度数の酒を自分でもよく飲めたと思うわ。喉が焼ける思いをしたが平気なふりをして飲みほした。だいぶ酔ったけど僕の自制心は相当なもののようだ。まだ自分をコントロールできる。これ以上かかわりたくないので寝たふりをずっとしてた。最後までそうしていた。みんな僕が完全に寝てると思っただろう。全く悪い役者だなと改めて思う。会話は聞こえたたけど全く覚えていない。店を出るまでの時間、僕にって非常に地獄であった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。