電話

久々にフィットネスへ行って軽く筋トレしたけどだいぶ疲れました。2週間ぶりに体を動かすと体がだいぶ訛ってるのがわかるな。汗がかなりしょっぱかったので塩分が相当体の中に溜まってるんじゃないか。

さて、この前履歴書を送った会社(社長さん直々)から電話が来まして、大学が始まる前に面接することになりました。今までで3社しか面接したことないけど第一志望の場所は和やかで非常に話しやすく本当に対話していた感じ。一般的な質問はさしてされなかったような。地元の企業は一般的なのかやや固い雰囲気で非常にやりにくかったな。
一体何聞かれるんだろうか。考えまとめておかないと
スポンサーサイト

webカメラ

何やら原発作業員が急性白血病で亡くなったらしいですね。東電側は因果関係なしと言っているみたいだけど。まあもともと白血病だった人だったたのかもしれいないけど、でもそんな人が普通作業できるものなのかね。
まあ作業員なんて東電からしたら唯の駒だから死のうがなにしようがどうでもいいんだろ。
ただでさえ汚染されてる福島の中の汚染源で働いているわけだから現場の人は相当ヤバいんだろうと思う。今後もばたばたと倒れる人が増える気がする。収束までいったい何十年かかるなんだろうか・・・・

t_P1140129.jpg

さて今日ネットストアで購入したwebカメラが届きました。ロジクールのHD Pro Webcam C910。画素数も高いし性能もいいみたいなのでこれにしました。以前ロジクールのwebカメを持っていおたけど対応OSがXPまでなのでVistaじゃ使えなかたったのね。家電量販店なら定価だけど価格com.から探したので定価より3000円ぐらい安く買えました。

実家に帰ったのはいいけどさ、連日天気悪すぎ。せっかくの本日予定していた夜釣りor朝釣りは中止になりそうです。昼間は快晴でまさにの雲が漂っていましたがを夕方からずっと雨。なんちゅう天気や・・・
なんか東京のほうはやばいらしいですね。仮に今日帰っていたらたぶん死んでいたかもしれないw
この天気だとアパートへの帰還ももしかしたらだいぶ伸びるかもしれないです。まあ戻ってもすることないので別にいいんですけど。
さて、原付のタイヤを替えてきました。かなりすり減っていたし最近なんだか走行が不安定だったので原付購入した店で整備してもらうことに。ズーマーのタイヤは普通の原付と違って高いらしいです。まああんだけ太くて特殊ならそうだよな。購入店と言うことで安くしてもらえました。そしてちょうどおじさんとも仲良くなれたし富士山良く登るみたいで富士山登山の話で盛り上がった。とりあえず原付はこれでしばらく大丈夫だろう!ただ新品のタイヤといえどぬれた路面が怖い。帰りに雨が降って路面がだいぶ濡れていたので細心の注意を払って運転しましたよ。どうしてもこの前の転んだ事がトラウマになっていて右折するのにものすごい神経を使ってしまうのね。果たして原付に乗って無事に帰れるでしょうか

そんでそのあと高校の友人と焼肉を食いに行ってきました。高校卒業以来に会う奴なんですが全く変わってなかったです。また雨降ってきたんで帰り完全にずぶぬれで帰宅してきましたよ。黒ウーロン飲んだけどあれって本当に脂肪の吸収を抑えるのかね。一気飲みしたけど

また帰省

昨日、悩み悩んでなんとか履歴書を書きあげました。自己PRは完全に薄っぺらい内容になったけど。第一履歴書の各項目のスペースが小さすぎです。まあ助けられたのか助けられてないのか・・・・
とりあえず添え状も簡単に書いて5時ぎりぎりに郵送完了!一気に気が抜けたぜ・・・
それからすぐ自宅に帰省する準備をし電車で地元へ帰ってきました。

そして今日の朝から会社説明会に行ってきましたよ。歩いて5分の場所にある所(ほぼ近所
行く寸前に豪雨になり会社に着くまでびしょびしょになりました。スーツを着ていた事もあり湿度マックスで完全にシャツの中が群れてめっちゃ臭かったです。隣に座っていた女の子にまで臭ってなかったよね?まあ大丈夫だろう、うん。なんでこんな夏の時期にスーツ着なきゃならないのかよくわかんないです。だって暑いじゃん

北海道1人旅回想 26、27日目

  • Day:2011.08.25 16:30
  • Cat:
2010年8月23日
26日目は電車で函館市から宮城県白石市まで

2010年8月24日
27日目は白石市から自宅まで


北海道の旅がこれで最後と言うことで朝から函館に市場で飯を食べてきました。まあ店がたくさんあって選ぶのがめんどくさかったのでぱっと見て決めました。ホッケ定食を頼んだのですがこのホッケがめちゃめちゃうまい!こんな脂の乗ったホッケ食べたことがないというぐらいおいしかったです。こんなことなら前日も市場で食べておけばよかったな・・・・
函館駅は24時間開放していると思ったら深夜3時~5時くらいだっけ?はいったん外に出てもらう感じになっているみたいです。なので駅前で数時間野宿した事になります。まあ構内で寝るとクソ暑かったので良かったですが。
朝7時に函館を出発し深夜0時を少し過ぎるぐらいまで電車に載っていました。ちょうど福島と宮城の県境の白石市に着き適当に走りまわって野宿。
次の日は朝から電車で乗って2時過ぎには自宅に着きました。いや~東京はめっちゃ暑かった!

まあ電車移動をう含め27日間の旅はこれで終了です。色々な物も見れたし色々な出会いがありました。何より自分の力で行ったという達成感が大きいです。アクシデントさえなければもう少し長く旅ができたと思いますがそこは自分の不備です。
できるものならもう一度自転車の旅がしたいですわ。

前進

昨日は研究室のミーティングのためにわざわざ戻ってきました。ミーティングにかかった時間たったの5分程度wこのためにわざわざ地元から戻ってきたのかよ。全員そろっていなかったし別に来なくても大丈夫な雰囲気でした。
本来なら原付で戻るはずだったけど雨降っていたので流石に無理。レインウェア着ればいいけど箱根越えなければならないし、この前の濡れた路面で転んだのがトラウマで怖い。タイヤも交換しなきゃだめだよね。一体いくらかかるんだよ・・・・・

さて就職活動の報告、今のところ問い合わせた企業の数が全部で20社で、前回書いた時よりかなり増えました。早いところは問い合わせした次の日に返事をくれたところもありましたがいまだに連絡のない所も。
結局、前に希望が持てそうな返事をくれたところからは連絡がいまだにありません。まあしょうがない。
その後一気にいろんなとこへ問い合わせたわけですが・・・・・なんと1社から良い返事をいただき、前向きに検討したいということだそうです。これはキタ!こんな小さな業界で採用を考えていただけるとは奇跡としか言いようがありません。今月末までに履歴書送らなければならないのでこれから何とか書かないと・・・

思うけど自己PRって何書けばいいんだろうか。一様今までは自転車ネタからこういう人間です的な事を描いていたけどぶっちゃけ自己PRになってない気がする、いやなってない。
学業以外で力を注いだこともそうなんだよね。とマラソンネタを書いてたけどぶっちゃけこんなんでいいのかなと。今まで良く書類選考通ったなと我ながらに思います。

北海道1人旅回想 25日目

  • Day:2011.08.22 23:15
  • Cat:
2010年8月22日
25日目は一日函館市に滞在

今日は朝から函館市内をぐるぐる廻っていました。
とにかくお土産を買うために五稜郭タワー行ったり赤レンガへ行ったりまた五稜郭タワー行ったり赤レンガへ行ったりと大忙しです。はこだてビールがすぐそばに合ったけどお土産買いすぎてお金がなかったのでのめなかったのが残念。
t_P1050454.jpg

t_P1050455.jpg

t_P1050456.jpg

夕方公園で飯を食っていると地元の高校生くらいのカップル?が来てすぐそばで花火していました。なんかいい光景
函館駅がほぼ24時間開放されているようなものだったので自転車を分解して函館駅で野宿しました。中は暑い・・・

富士登山

AM05:41
友達からの着信で目が覚めた やばっw

そう今日は待ちに待った富士山登山!生まれて23年、富士山を毎日のように見て育った人間ですがいまだに登った事がなかった。と、いうことで学生最後(たぶん)の夏休みだし暇なので登ろうということになりました。一体前準備にいくらかかったか・・・

とりあえず3人で行くはずが1人棄権したため2人で登る事に。朝から雨が降っていたので多分向こうも雨だろうと予測していたら案の定天気が悪かったです。
駐車場から富士宮口までバスに乗り5合目に到着。

t_P8210264.jpg
とりあえず記念撮影

入口で案内のおじさんにみんな7合目あたりで引き返してるよと言われました。いきなりの洗礼w
まあ30分くらい体をならしてから登り始めました。
t_P8210266.jpg

t_P8210269.jpg
6合目までは案外すんなり行けました。まあここからが本番なんですが・・・・
思ったより急で足場が砂利だとか岩場だとか色々と大変でした。

t_P8210270.jpg
新七合目到着

t_P1140084.jpg
元祖七合目に着くすぐ手前で3000mになったので記念撮影

t_P1140092.jpg

t_P8210277.jpg
悪天候にもかかわらず登山者は結構いました。山ガールというだけあってガールかは分かりませんが女性の方も結構登っていました。

t_P8210278.jpg
8合目到着。このあたりで一気に冷え込んでクソが付くほど寒かったです。さらに風が強くなって大変でした。

t_P8210280.jpg
9合目到着。9.5合目に着くころには寒すぎて写真を撮る余裕がありませんでした。ホント風が強く体感温度も氷点下行っていたのかね(おそらく

t_P8210283.jpg
やっとの思いで山頂に到着!しかしガスって何も見えないwwwwwwwwwwww山頂に着いたはいいものの微妙な達成感しか味わえませんでした。俺は山頂から見える絶景が見たかったんだ!これが快晴なら・・・・えー4時間ぐらいで登れました。案外早かったですね。休憩なしなら3時間半くらいというところでしょうか

t_P1140096.jpg
記念写真


正直登山より下山のほうがつらかったです。常に足がストッパ代わりになっていて膝がぶっ壊れそうでした。おまけによく滑ったしw

もし次登る機会があれば天気のよい日に登りたいです。あとやはり帽子は必要で、防寒対策もしっかりしないと想像以上に風が吹いているのですぐ体やられます。

北海道1人旅回想 24日目

  • Day:2011.08.21 20:10
  • Cat:
2010年8月21日
t_[クリップボードの画像]
24日目は電車で名寄市から函館市まで

自転車での移動は実質終了です。なるたけ青春18きっぷを有効に使いたいため朝っぱら(5時くらい)から名寄駅を出発しました。目指すは函館!絶対にもう一度行きたかったのでここを最後の場所にしようと。
名寄→旭川→札幌→小樽→長万部→函館
輪行しながら丸一日電車に乗っていました。札幌駅に着く手前ぐらいから人が混んできたけどクリオネみたいに白く透き通った肌の子がいて思わず見とれてしまいました。やっぱ東北と言い、北海道と言い肌のきれいな子多いです。旭川・札幌・小樽は普通に行きたかったけど時間体力気力金がなかったので電車に乗って通り過ぎただけに。北海道へ行って札幌へ行かないとかダメだよね
20時、21時時過ぎくらいに着いたのかな?とりあえず今日はこれで終わり。明日最後に函館市内をぐるぐるまわるよ

北海道1人旅回想 23日目

  • Day:2011.08.20 23:23
  • Cat:
2010年8月20日
t_[クリップボードの画像]
23日目は稚内市から名寄市まで

海に面した道路を走り南下を試みていたら思いのほか風が強くて何も進まないwしかも何もなく無駄なアップダウンもあり完全に心折れました。天塩まで60km・・・・流石に無理だろうと思っていたら内陸に入る道があったので急遽コース変更。ちょうどサロベツ原野があり途中で休憩。プリンががうまかったw
内陸も風が結構吹いていましたが海沿いに比べたらましかと。しかもJRの路線が通っているのでいざとなれば輪行可能!
t_P1050446.jpg

t_P1050448.jpg

t_P1050450.jpg

t_P1050452.jpg

とりあえず行けるところまで行こうということで夕方に音威子府町につきそこから名寄市まで輪行して行きました。名寄に着いた着いたで再び自転車を組み立てスーパー探し。ネタが多い寿司が半額になっていたので欲張って2つ買ったら案の定食いきれなかった・・・・ 明日の朝食おう

北海道1人旅回想 22日目

  • Day:2011.08.19 23:57
  • Cat:
2010年8月19日
t_[クリップボードの画像]
22日目は浜頓別町から稚内市まで

ついにこの日がやってきました。いよいよ本土最北端の宗谷岬に着く予定です。快晴で非常にいい天気でした。
稚内市に入ってから丘になっていてアップダウンが激しくて疲れました。それをぬけると急に平坦な道になりついに到着!
t_P1050434.jpg

t_P1050436.jpg

t_P1050437.jpg

t_P1050438.jpg

t_P1050439.jpg

これで本土最東端、最北端は制覇!
僕が着いた時は観光客がちらほらいましたが、出発する頃にはどわーーと現れて危うく写真が撮れなくなるところでした。あと交通安全を呼び掛けるキャンペーンで何か配っててテレビカメラも着てました。

そのあと稚内市内に行き特にすることもなかったので街めぐりした後、副港市場でのんびりしてました。途中休憩していたら地元のおばあさんにお稲荷さんいただきました。ありがとう!
そして夜コインランドリーで洗濯をして待っていたところ隣にいたバイカーの人に話しかけられたので少しお話しました。そして洗濯も終わって帰ったと思ったらビールの差し入れをいただきました。ありがとう!
なんだかもらってばかりの一日でした。

釣り

昨日夜に中学の友達と出くわしてそのままみんなで飲んでました。おかげで腹が相当イカレポンチ状態です。みんなファンキーで僕が真面目すぎるくらいです、いや真面目なんです。

さて、おとといの夜に原付で出発して7時間かけて無事地元へ戻ってまいりました。交通量の少ない夜中に走らないとどうも怖くて怖くて・・・・。特に東京なんておっかない。一度だけ昼間の東京を走ったけど交通量はんのパないwさすがに怖くて昼間は走れないです。
ただ夜の東京を走るのは楽しいw昼とはまた違った顔が見れるというか昼間あんなに人や車がいてうっとおしいけど夜の静寂さがいい。そんでもって毎度、銀座通るのが非常にワクワクするんですね。今回は節電の影響でだいぶ暗かったけど、「あー俺こんな時間に原付で銀座のど真ん中通っちゃってるよ」と自分に酔ってました。東京から神奈川にかけての国1さえ抜けちゃえば後は のんびり走ればだいぶ気が楽です。途中鎌倉経由で走ったけど由比ヶ浜朝っぱらから人多いですね。さすがだわ

さて、昨日高校の友達と釣りをしてきました。釣りは高校生以来。もうね、新しく竿も買って(初心者用)準備万端で臨んだんですけど食える魚が一匹も釣れないw途中から来た家族連れなんてアジをつりまくってたし。やっぱ魚というか釣りにに詳しい人がいないとダメだなと言うのが分かりました。丸一日お日様を浴びていたため日焼けがすごいw紫外線半端ねぇ
t_P8180191.jpg

t_P8180203.jpg
アイゴだか背びれに毒があると

そして釣りをした後に地元の酪農施設へ。世間じゃマイナー???だと思うけどここでも地ビール作ってるのでを買いにきたのね。小学校4年生の頃遠足かなんかで来た以来だったにで非常に懐かしかったです。ちょうど閉館30分前に着いたので動物ちょこっと見て終了wジャージー牛がかわいかった
t_P1140060.jpg

t_P1140065.jpg


t_P1140057.jpg

北海道1人旅回想 21日目

  • Day:2011.08.18 23:42
  • Cat:
2010年8月18日
t_[クリップボードの画像]
21日目は紋別市から浜頓別町まで

この日はとにかくしんどかったです。はじめはある程度の町があったから良かったものの中盤から何もなく、全く景色は変わらないわ、快晴で暑いわ、風も吹くわ・・・・・。途中で意識を失うかと思いました。写真も全然撮ってません。
t_P1050427.jpg
北緯45度

t_P1050428.jpg
夕方に浜頓別町に到着。さすがに一日で宗谷岬までは辿り着きませんでした。
浜頓別は決して大きな街ではないけどバスのロータリーやら市役所やら公園やらやたら広くてきれい。
さすがにこの日は精神的に疲れました。緯度が高いということもあり夜は涼しかったです。

北海道1人旅回想 20日目

  • Day:2011.08.17 23:37
  • Cat:
2010年8月17日
t_[クリップボードの画像]
20日目は網走市から紋別市まで

非常に快適な朝を迎える事が出来ました。それにしても初めて道の駅で野宿したけど見た感じいちばんここが綺麗と言うか寝やすそうでした。
準備ができ次第出発。昨日行きたかった網走ビールの焼肉屋の前を通り網走駅前を通り北上していきました。ちなき網走から北には電車が走っていません(廃線になったそう) なので交通手段はもっぱらバス

t_P1050414.jpg

t_P1050416.jpg

t_P1050418.jpg

t_P1050419.jpg

ちょうどサイクリングロードがあるということで利用。虫が多かったけど平坦で非常に走りやすかったです。途中トイレで休憩していると、トイレ掃除?のおばさんいて色々とお話ししました。
t_P1050420.jpg

どんな道だったか正直記憶にないけど左見ても右見ても↓のような風景が続いていたような。

t_P1050421.jpg

t_P1050423.jpg

t_P1050424.jpg

夕方紋別市に到着。この頃自転車のスポークがまた折れていて再び走行不能状態に。2軒目でようやくディスクブレ―キMTB対応の店を発見し修理していただきました。いや、ホントこの店がなかったらここで旅も終わっていたところ。最後にみんなで写真撮影。いや、いい人たちでした。
t_P1050426.jpg
海にある道の駅で野宿。この日は風が強かったけどなんとか建物のおかげでしのげました。

アウトレット

今日はアウトレットに行ってきました。なにやら今日までセールやってるだとか。それにしても暑い暑い。
とりあえず服がほしかったのと登山用の道具を買いに。服とかちゃんとした店で買ったのいつだか覚えてないです。そんくらい服買ってません。いろいろみたけどBEAMSでTシャツ1枚シャツ2枚点お買い上げ。ただシャツが長袖で秋物。他の店でいいTシャツ売ってたけど金欠で買えませんでした。
あとはコロンビアでトレッキングシューズを購入。コロンビアの店員のお兄さんイケ面で色々アドバイスをくれました。あとモンベルでレインウェア?、酸素缶とヘッドライト購入。はっきり言ってここでヘッドライト買う必要なかったかな?あと下のレインウェアとグローブがほしかったけど金欠。登山と言うかアウトドア全般は金がかかってしょうがない。生活費が残り6万をきり、へそくりがのこり10万

t_P1140051.jpg

t_P1140052.jpg

これら買わなきゃもっと服買えたのにw
これから原付で地元へ帰省しようと思います。事故に合わなければいいけど

北海道1人旅回想 19日目

  • Day:2011.08.16 22:35
  • Cat:
2010年8月16日
t_[クリップボードの画像]
19日目は斜里町から網走市まで

昨日の雨は何処へ行ったのやら、朝から快晴でした。非常に走りやすい道であっという間に網走市に着いてしまいました。

t_P1050408.jpg

t_P1050409.jpg

t_P1050410.jpg

t_P1050411.jpg

t_P1050413.jpg

とりあえず道の駅に着いて休憩してからユニクロを目指しました。お店のある道路までは急な坂を登らないといけなくて疲れた。安いスポーツウェア上下とパンツ購入。やはり今ある着替えだけじゃ足りないんです。そのあとコインランドリーで3日分の洗濯をすませました。(釧路以降コインランドリーがなかったので
今思うと網走監獄行っておけばよかったなと思いましたが、また道の駅に戻ることへ。
さっきの坂を下っていたんだけど急にものすごい音が!リアバッグのベルトがしっかり閉じていなくて後輪のスポークに絡まりスポークが何本かお釈迦になったうえにバッグのベルトまでダメになった。完全に不注意・・・
流石にスポークは後々に響くと思ったので自転車屋を探すがやっていないw 完全にあきらめ道の駅へ戻りカレーを食べながら網走ビールをいただきました。流氷ドラフトはなんと水色!こりゃすごいwただ味はん~って感でした。多分カレー食べてたから薄く感じたのかな
ビールを飲んでしまったためこの日はもう自転車乗れないので道の駅にそのまま居座りました。。することもなかったので夕風を感じながらずーっと川を眺めながらのんびり。網走の道の駅はきれいでそのまま野宿。たぶん寝たの相当早かった気が。お金があったら網走ビール直営?の焼き肉屋で夜飯食べたかったです。
今思うと網走に着いてからすぐに網走監獄にでも行っておけばよかったなと・・・・・・。

北海道1人旅回想 18日目

  • Day:2011.08.15 23:25
  • Cat:
2010年8月15日
t_[クリップボードの画像]
18日目は標津町から斜里町まで

ちょうどバス停がボックスになっていたのでバス停の中で野宿していました。快適
今日は2回目の峠越えをしなければなりません。知床峠をはなにやら熊が出るというのでガクブル
朝早くセイコーマートで飯を買って出発しました。

t_P1050382.jpg
途中国後島が見えました。何時に着いたのか覚えてないけど知床峠に入る前の街である羅臼に到着。道の駅で牛乳とおばちゃんが安くしてくれたので鮭トバ購入。あと火傷のような腕を見てクリームもいただきました。ありがとう!

t_P1050384.jpg

t_P1050385.jpg

t_P1050388.jpg
熊のモニュメント。あーこれから出るのだろうか。

t_P1050391.jpg

t_P1050394.jpg
熊出現にビビりながらさかのぼり。流石にきつくなってきたので途中から全部歩いて登りました。女子大生と思われる集団が現れ挨拶。下りとか気持ちよさそう・・・

t_P1050396.jpg
必死の思いで登りようやく頂上に到着!しかし霧がすごく先が見えない

t_P1050400.jpg
峠を登りきった時の達成感は異常

t_P1050402.jpg
峠を下れば霧が晴れウトロまでずーっと坂を下るだけでした。

t_P1050403.jpg
羅臼で買った鮭とばウマっ(゜∀゜)

t_P1050404.jpg
ウトロのセブンで休憩していたら眼鏡のお兄さんに声をかけられました。なにやら自転車の旅経験者らしくすぐそこの道の駅で休憩してるからあとでおいでよとのこと。なにやらものすごい車があるらしい
行ってみると話通りすごい車がありました。トラックの上にまんま部屋があるwなにやら旅の途中で知り合ったおじさんと一緒に旅してるそうだと。部屋の中見せてもらったらもうなんでも揃っていて快適すぎるwかなり衝撃を受けた。
そんで見終わったらなにやらテンガロンハットをかぶったあやしい人が来ました。なにやら自転車で日本一周中らしい。とりあえずみんなで写真撮りました。トークしながら飯を食い、4時過ぎに出発。
とりあえず斜里町を目指したけど何もない道が続くし、更に雨が降ってきてびっちょびちょ。あの時「今日ここ(道の駅)で泊まっていけば?」の言葉通りにすればよかったと後悔・・・

北海道1人旅回想 17日目

  • Day:2011.08.14 21:02
  • Cat:
2010年8月14日
t_[クリップボードの画像]
17日目は根室市から標津町まで


根室に来たということで本土最東端である納沙布岬を目指しました。
t_P1050359.jpg
なんもなく、同じ景色がずーと続きます。途中にあるトイレはなぜかめちゃめちゃきれい。そしてすぐそばにはポニー達がいっぱいいました。

t_P1050361.jpg

t_P1050364.jpg

t_P1050365.jpg

t_P1050366.jpg
納沙布岬の前のタワーが見えててようやく到着!

t_P1050368.jpg
自力で本土最東端にキタ――――――――!僕のほかにもちらほら観光客がいました。

t_P1050370.jpg

t_P1050372.jpg

t_P1050373.jpg
帰ろうとした時「兄ちゃんも映りなよ」ということで一緒に写真を撮りました。ツーリングor旅してる人は皆生き生きしてる

t_P1050375.jpg

t_P1050380.jpg

t_P1050381.jpg

昨日来た道をたどり厚床から北上。途中のコンビニで自転車一人旅旅してるおじいさんとトーク。そして途中野生のシカが出現
夕方には標津に着きました。ホントは中標津へ行きたかったけど日が暮れたのであきらめ。銭湯でひとっ風呂あびてセイコーマートの弁当をたべ、バス停の中で野宿しました。

落ちた

しばらく書いていなかったんだけど教習所も仮免試験まで進んでいました。で、今日技能試験受けたわけなんですが見事落ちたwいや、順調に進んでたんだけど最後の最後の停車の前で左のミラーがポールにぶつかったわけで、その瞬間中止。幅寄せしすぎたのがダメだったのね。発表の時男で落ちたの自分だけだったし恥ずかしかった。月曜に再試験で失敗しないように気をつけたいです、はい。

全く帝京がまさかの逆転負けするわ、冷蔵庫からゴキブリが出てくるわ、一体今日はなんなんだよ
ってかどうやって冷蔵庫に入ったんだ?今年もゴキブリ対策をしっかいりないと去年のような悲惨な状態になるぞい 暑いしめんどくさい季節だわ

北海道1人旅回想 16日目

  • Day:2011.08.13 21:07
  • Cat:
2010年8月13日
t_[クリップボードの画像]
16日目は釧路市から根室市まで

なんだか台風が来るという事を聞いていたけど結局雨だけ降っただけでかすりもしませんでした。おかげで快晴♪
今日は日本の最も東にある街である根室へ。
あさからアイスの白クマを食らう ホント白クマがおいしいんだッよ。何本食べたかわからない。
まあこんな風景が永遠と続きます。

t_P1050340.jpg

t_P1050341.jpg

t_P1050343.jpg
途中水分補給のためにセブンによって休憩していたらロードに乗ったおじさんと合ったのですこしトーク。何やら釧路から来てるらしい。そしたらバイカーの人が来て一緒にトーク。なにやらこの先の厚岸町というところで100円以下で牡蠣が食える所があるとということ教えてもらいました。

t_P1050346.jpg
この先が厚岸町。先を急いでいたため寄らないで通り過ぎてしまいました。今となってはめちゃくちゃ後悔しています。

t_P1050349.jpg
JR北海道は全部がローカル線。なんもない道を電車が通る

t_P1050353.jpg

t_P1050357.jpg

t_P1050358.jpg

途中道の駅により、夕方には根室市に着きました。根室市内は激しいアップダウンがありなにかとめんどくさい。
あと花咲蟹が特産物らしくいたるところで売っていました。
とりあえず銭湯を探して一日の汚れを落とした後、「マルシェ・デ・キッチン」というスーパーで夜飯の調達。めちゃめちゃ安くて海産物もそろってて最高のスーパーでした。寿司と蟹を買って腹いっぱいになるまで食べて野宿

北海道1人旅回想 15日目

  • Day:2011.08.12 23:48
  • Cat:
2010年8月12日
t_[クリップボードの画像]
15日目は白糠町から釧路市まで


t_P1050335.jpg

白糠町は鮭が有名らしい?です。ちなみ映画「ハナミズキ」のロケ地になった場所でロケ地めぐりのポスターが駅に貼ってありました。
だいた9時ごろ出発。一緒にコンビニまで行って互いの健闘を祈りつつ別れました。サークルの合宿が始まったら上の方から時計回りに走るそうなのでもしかしたら途中すれ違うかもしれないとのこと。

さて釧路を目指して東へ。湿原なのか濃い霧がかかって先が全然見えない。おまけにびちょびちょになる始末。釧路市内手前でようやくキリから抜け出し恒例のセイコーマートへ。ここの豚丼が500円と高いけどめちゃおいしい買ったんだよね。朝飯兼昼飯と言うことで食らう
しばらく走り、話に聞いていた和商市場へ。海産物がたくさん売っていて自分でネタを選んで乗っけるドンブリが有名らしい。早速僕も購入。

t_P1050337.jpg
これで1500円ぐらいしたのかな?ネタ一つがそんなに安いわけじゃないからあんま乗せすぎると高額丼に。。。
デモおいしかったです。
食べたら周辺をぐるーと散歩。そしたらかなり雨が降ってきたので公園の屋根のあるところで休憩

t_P1050338.jpg

もう一度和商市場へ行ってどんぶりを食べました。今日は30キロ弱しか走っていないし、釧路市内といえどそんな移動もしなかったので待ったりとした一日でした。



北海道1人旅回想 14日目

  • Day:2011.08.11 23:49
  • Cat:
2010年8月11日
t_[クリップボードの画像]
14日目は帯広市から白糠町まで

今回の旅で良くお世話になったのがセイコーマート。朝、野宿場所のすぐそこにあるセイコーマートで飯と飲み物を購入し帯広を出発してお目当てのワイン城を見に池田町へ。
t_P1050323.jpg
城と言うだけあってすごい威圧感。天気があんま良くなかったのが残念

t_P1050324.jpg

t_P1050322.jpg

t_P1050325.jpg

t_P1050328.jpg
ワイン蔵も見学することができました。お土産コーナーでソフトクリームを食べ、あとおつまみ用にスナックを購入

t_P1050330.jpg
今回の旅で何回も食べたけどうまい!食感はカルビーのじゃがピーにそっくり
朝から天気が悪かっためシャツがびっちょ、途中セイコーマートによって恒例からあげを食らう

t_P1050331.jpg
ポニー

t_P1050332.jpg

t_P1050334.jpg
釧路まで行きたかったけど時間も時間と言うことでキリの良い白糠町というところでストップ。銭湯に入り、スーパーで飯を買うことに。するとなにやら同じぐらいの年齢の2人組チャリダーが入口付近にいたので挨拶を。ちょこっと話したらなんだか鮭を釣ったみたいでもしよかたたら一緒に食べませんかという流れに。
駅前に行き調理を観察しつつ出来上がったので飯をごちそうになりました。こっちもワイン城とスーパーで買ったつまみを提供。学部が違うけど一緒の大学が一緒でした。1個下と2個下の子たち。自転車サークルの先輩後輩同士らしく2人とも釣り好きとのこと。合宿前に先に北海道に上陸して一日中釣りをしていたところ鮭釣ってたらしい。で、たまたま自分が挨拶したらこういう流れになったと。駅が24時間開放なので3人で待合室で野宿しました。いやー雰囲気が近いのですぐ打ち解けたので良かったです。

北海道1人旅回想 13日目

  • Day:2011.08.10 23:39
  • Cat:
2010年8月10日
t_[クリップボードの画像]
13日目は富良野市から帯広市まで

預けていた自転車を取りに行き、とにかく後輪の担軽減のために不要な荷物を全部実家のほうへ。ウッディーとバズともここでおさらば~。そしてスポーク修理に約5000円・・・・痛い出費だ
今日は峠越えが待ってるということなので腹をくくって東の方へ向かいました。

t_P1050299.jpg
富良野を出てからしばらくこんな景色が続く。平坦な道が徐々に感じるか感じないかぐらいの上り坂に。
ある程度走ったら休憩してら野菜売っているおじいさんが中で休憩しなさいと言うのでそうする事にしました。しばらく世間話をし、最後に一緒に写真を撮ることに。

t_P1050302.jpg

t_P1050303.jpg

t_P1050305.jpg

t_P1050306.jpg
急な坂を上った後道の駅に到着。ラベンダーとバニラのミックスを食らう
そしていよいよ峠越え開始。流石にさかのぼりはつらかったです。もうすぐ頂上付近でへばりながら登っていると車に乗ったおじさんから「もうすぐだから頑張れ!」と励ましの声をかけてもらいました。ありがとう!
そしてようやく狩勝峠の頂上に到着。いやーイイ景色だった♪

t_P1050311.jpg

t_P1050312.jpg

t_P1050314.jpg

t_P1050315.jpg

t_P1050318.jpg
峠越えを終えてしばらく平坦な道を走り、帯広市街地に入る前は無駄なアップダウンばかり。さすがにこれはきつかったです。

t_P1050319.jpg
景色に畑が増えてきました

t_P1050321.jpg

ちょうど日が暮れたころに帯広市内に到着。帯広駅は異常なほどきれいで、駅前に長崎屋があったのが印象的でした。

「楽」じゃなくて「苦」だから

働くモノニュースより

「今年の就職活動を漢字一文字で表すと?」 ・・・ 1位は 『楽』

さすがにこれはひどいw内定取れた人間はそりゃ「楽」だろうけどさ、就職が決まらない人間からしたら「苦」以外の何物でもないね。時間もかかれば金もかかるし。スーツと交通費、その他もろもろ合わせてすでに10~15万以上は消えたしいい事なんかないわ。
まあ就活で地元へちょくちょく帰れたのは良かったけど。
いつの時代も優秀な奴はいいところへしかも早く決まるしダメなやつはいつまでたっても決まらない。僕は後者です、はい。とりあえずまだ粘ってみようと思う ってかまだ6社くらいしか受けてなかった

そういえばこの前の期待できる返事が来た会社から連絡がいまだにこない。やっぱ忙しいのか、完全にシカトされてるのか。あれから今日でちょうど3週間目だ。ちゃんと届いてるか分からなかったので一週間前ぐらいにもう一度送ってみたけど、もう駄目かもね。
そんなわけで昨日他の3社に採用があるか問い合わせしたところ、今日一社から返事があり残念ながらしてないとのこと。
明日も他の会社に問い合わせてみようと思う

北海道1人旅回想 12日目

  • Day:2011.08.09 23:28
  • Cat:
2010年8月9日
t_[クリップボードの画像]
12日目は芦別市から富良野市まで

朝起きて道の駅のベンチで休んでいたら地元に住んでいるおじさんに声を掛けられ1時間半世間話していました。別れ際に「日本を支えてるのは中小企業だぜ」という名言を残し、去って行きました。なんてイカしたおじさんなんだろうか。
だて今回の旅で楽しみにしていた富良野市へむかいました。
t_P1050290.jpg
途中車に乗った同い年ぐらいの子達に手を振られてうれしくなってしまいました。孤独なのでこういう励ましがホント元気づけてくれます。
40キロくらい走って富良野市に着きました。自分がイメージしてたあの富良野とは何だか違う。

t_P1050291.jpg

t_P1050293.jpg

t_P1050294.jpg

t_P1050295.jpg
市街地から外れたチーズ工房へ。ただ人が多かったので何もせずに市内に戻りました。

せっかく富良野まで来たのはいいけどここで自転車にトラブルが発生しました。というかしていた
ここにくるまでに後輪のスポークが6本折れてしまいました。後輪に荷物を集中させた事で過度な負担がかかったようです。よくここまでもった。このまま先に進むのも危険なので自転車を修理する事に。夕方ぐらいから徒歩で移動せざるを得ない状態になってしまいました。とりあえずスポーツ競技場のほうへと

t_P1050296.jpg
飯を食べてくつろいでいたらゲリラ豪雨発生。雷までなっちゃってしばらく身動きできず。更に巨大蜘蛛があちこちにいてもう泣きたくなりました。
なんとかおさまってから屋根のある市民文化会館で野宿しました。今日も風呂に入れず水で体をふくだけ

既卒への道!

働くモノニュースより
大学を卒業後、進学も就職もしていない人が8万8千人 就職難で留年した人は4万5千人

本日結構いい会社の説明会でしたがESが全く書けず当日キャンセルをしてしまったというクソ男です。
やらなければならない時にやらずに生きてきた人間なので就職できる気がしません

さて本題
理系なら院に逃げる事が可能だけどさ、文系で院へ行って民間なら積よね。僕は理系(かぶれ)だけど院へいくつもありは全くありません。院へ行っても僕の学習意欲と学力じゃモラトリアムの延長にるだけだから。8月には行った事だし就職できなかったらできなかったでもしょうがない。
まあ別に大学出てすぐに就職する必要もないと思うけどね。ただ日本は新卒至上主義だからこの一回のチャンスを逃すと結構大変だからな。新卒で就職できないとまるでクズ扱いw非国民扱いw ひでーはなしだ。

正直大学の数増えすぎ(700校以上あるんだっけ?)、学生の数多すぎ。本来大学へ行くレベルではない人間まで大学生になってる(まあ僕もそうだけどw)でもこうなった背景として企業が無駄に大卒を求めてるからだと思うのね。本来高卒の枠を大卒にそのまま移してるだけで。高卒の求人も年増えず減る一方だから嫌でも大卒にならないと職業選択の幅も狭まるし、いざ職を失った時が困る。
ぶっちゃけ大学なんて国立は旧帝大と東工大一ツ橋、東京○○大学、地方国立(文系はいらん)私立は早慶あたりだけでいいと思う。
本当に勉強したくて大学行く行く人は上位大学に必然的に行くだろうし。
その他専門学校にし、大卒は一部のエリートとして扱って後はみんな高卒(専門卒)で就職できるようにすればいい。別に大卒じゃなきゃできない仕事なんて一部を除きほとんどないんだし、一から育てるなら一番伸びるであろう高卒でいいじゃんと思うんだけどな。

学生に甘えだとか自己責任だとか言うけど企業も甘え。
以前も似たような事書いた気が・・・

北海道1人旅回想 11日目

  • Day:2011.08.08 23:29
  • Cat:
2010年8月8日
t_[クリップボードの画像]
11日目は栗山町から芦別市まで

ちょうど日曜日だったdので仮面ライダーWを携帯で見てから出発。最初天気が悪かったけど岩見沢市に入ってからは快晴でした。
t_P1050284.jpg
朝からラーメン。このセブンのラーメンはよく世話になりました。
岩見沢市を抜け美唄市に。ここから日本一長い直線道路らしい。その距離29.2km

t_P1050285.jpg
途中でロードできた学生らしき人と挨拶して、そのあと道の駅によったらさっき挨拶した人がいたので軽くトークしました。仙台から来てるらしくこ今日中に富良野まで行くだとか。すげーw一緒に写真撮ってもらってお別れしました。砂川市、滝川市をとりぬけ芦別市までストップしました。

t_P1050290.jpg
流石に富良野までは行けなかった。
とりあえず銭湯探してたらちょうど定休日で風呂に入れませんでした。しょうがなく道の駅へ行って体をふくだけで終了。外のベンチで一杯やっていたらライダーの方が来てトークしました。なにやら先の道の事に着いて教えてくれたりとても親切な方だったな。



北海道1人旅回想 10日目

  • Day:2011.08.07 23:57
  • Cat:
2010年8月7日
t_[クリップボードの画像]
10日目は登別市から栗山町まで

停めてくれたくれたおばさんに感謝しつつ出発しようかと思ったら「ご飯手べて行きなさい」とのお誘い。家に招かれ朝ごはんをごちそうになりました。色々と会話したけどなんだか母親の温かさのようなものを感じました。あのコインランドリーで対面した時とは比べ物にならない温かさというかやさしさというか。息子さんが2人いて二人とも働いているそうで、自分の息子と重ねていたんじゃないかと勝手な憶測。まあ関東の下の方からはるばる無茶してこんなところまで来る人間を温かく迎えてくれてうれしかったです。あと県民ショーみてたらしく北海道民は本当にアイスばっかり食べるとも言っていました。
さて、別れを惜しみながら次に向かいました。国道36号線をひたすら東へ

t_P1050270.jpg
でっかい熊。かなり大きくて一体屋根の強度はどうなってることやら

t_P1050271.jpg
昼前には苫小牧市に入りました。苫小牧と言えばあの駒沢大学付属苫小牧高校!ちらっと地図に載っていたので行ってみたら苫小牧駒沢大学でした。

t_P1050272.jpg
ウトナイ湖 ここにつくまで何人かチャリダーとすれ違ったので満面の笑みで挨拶しておきました。
ここを過ぎた後千歳市まで北上

t_P1050273.jpg

t_P1050275.jpg
ちょうど道路から千歳空港が見えました。生まれて初めて間近で飛行機を見たけどホント早いんだね。
おっかなかった

t_P1050278.jpg

t_P1050279.jpg
千歳市を抜けるとあとは畑がずーちと続いていました。最悪な事に雨が振りだしてびっちょびちょ。とにかく岩見沢市まで行きたかったのでひたすらペダルをこぎ続けました。
日も暮れ始めたため栗山町で泊まる事に。小さな岩盤浴場に行ってひたすらシャワーを浴び続けました。せっかくなんで生まれて初めての岩盤浴も楽しもうと思ったら先客が。まさかの男女兼用で普通にタオル巻いて入ればよかったのか水着を着ないといけなかったのか分かりませんでした。もちろん水着なんて持っていなくて真っ裸で入っちゃったけど。よくわからなかったのであきらめました。

米兵の怖さは異常

ホント昨日にしろ今日にしろやけに湿度が高くてムシムシするね。もうたまらなくつらいです。
さて、今日は高校の友人と3人で横須賀へ行ってきました。なにやら自衛隊基地と米軍基地を開放して中に入れるらしい。軍ヲタではないので全く詳しくないけどせっかくの夏休みだし暇なので誘われてみました。
t_P1140007.jpg
横須賀駅降りたら人イパーイで暑苦しい。
三浦半島にはよく来てたけど横須賀に来るのは初めてだと思う。海上自衛隊の基地は駅のすぐそばでした。

t_P1140009.jpg
早速戦艦のお出ましだ!遠くから見てもめちゃめちゃかっこいい。「ひゅうが」言う護衛艦らしい。パンフレットによると
「ひゅうが(日向)」の由来は宮崎県の旧国名であるらしく、この艦名は帝国海軍では一隻のみで本艦がこれを引きつだそうだそうです。
全長が197m、全幅33m、高さ48m、速力33kt(55km/h) 速度早すぎw

流石基地内に入るということで手荷物検査と金属探知で検査されました。とりあえずひゅうがの中に入る事に。

t_t_P8060014.jpg

t_P1140018.jpg

t_P8060024.jpg
航空機用上降機にのってデッキへ

t_DSC01378.jpg
デッキ上はめちゃめちゃ広い

t_DSC01371.jpg
20mm機関砲だってさ!一分間に4500発うてるらしいwこんなものに打ち抜かれたら蜂の巣どころか液体になっちまうw

t_DSC01408.jpg
魚雷

t_DSC01384.jpg

t_P8060035.jpg
ヘリの演習もやってたけど本当にカッコよかった。なんだかコードブルーを思い出しちまったぜ

t_DSC01412.jpg

t_DSC01423.jpg
見終わった後自衛官の人に自衛隊に入らないかと勧誘されました。就職も決まらなければ目指す価値はありかなと思った。
この後米軍基地のほうへ行きました。しかし横須賀駅から遠いwしかも人大杉で暑いったらありゃしないw
横須賀の街は見た感じすごい栄えてるというか大きい。米軍基地に近づくにつれて英語表記のお店が増えてきます。
そして基地に到着!今日は開放してるし友人がゲートで写真撮ろうとしたら大声(でもないけど)でとめられててビビる。危うく撃たれるところだったぜwそれにしても自衛隊より検査が厳重でした。しかも米軍さんもここで働いてる日本兵?もガタイが良すぎて怖すぎて、絡まれたら確実にやられそう。

t_DSC01425.jpg
中ではフードがたくさん売ってました。
さすがアメリカン!スケールが違いすぎて笑いがこみ上げるw何から何までデカイし豪快すぎw

t_DSC01431.jpg
いくつかビールが売っていたので飲む事に。ピルスナー系だと思ったらエール系のビールでした。うまい。他にもバド○イザーの缶が売ってました。友人に「バド○イザーは薄いから買うな!」と散々言ったのに買ってるし。案の定薄かったらしい m9

t_DSC01432.jpg
ピザでけえええええええええええええええ。直径40cm以上はあるだろうか。
こんなもん毎日食ったらホントにピザになるぜ!流石に2枚食べたら腹いっぱい

米軍基地内は店もそろってるけどスポーツ施設も整ってました。暇だったので草サッカー観戦

t_P8060080.jpg

t_P8060086.jpg

t_P8060087.jpg
アメリカさんさすがやでぇ・・・・・・本場のゲータレードが飲みたかったので買ったんだけど、もう体に悪い味がしたわw

t_P1140044.jpg
そしてなんだか夜に花火大会やるらしく、来た時よりカップルが増えてる。クソ野郎共!
そういえばあと日本人をナンパしてる米兵がちらほら

だいぶ日焼けしてだいぶ汗かいて疲れたけど一日楽しめました。でも人混みはキライだわ

北海道1人旅回想 9日目

  • Day:2011.08.06 22:02
  • Cat:
2010年8月6日
t_[クリップボードの画像]
9日目は長万部町から登別市まで

これだけ広い公園だとなんかスッキリ。
セブンイレブンによって朝飯を購入。ここでも店員のおばちゃんに応援してもらいました♪
長万部を出発し、室蘭を目指しました。
t_P1050253.jpg

t_P1050256.jpg
しばらくは直線の道が続く。雲がいい感じ

t_P1050259.jpg

t_P1050260.jpg

t_P1050261.jpg
昭和新山か、有珠山 どっちかは全く覚えてないです

t_P1050262.jpg
伊達市に入って道の駅で休憩、兜デカw

t_P1050264.jpg

t_P1050266.jpg

t_P1050267.jpg

室蘭はスーパーによるだけで通り過ぎました。登別市の幌別に入る手前で銭湯へ。ちょうど地元のおじさんに話しかけられて喋っていたらなにやら元プロ野球選手だと言っていました(ホントらしい
野球の話もしつつ、コインランドリーのありかや、野宿できそうな場所を教えてもらいました。その後銭湯で飯食いながらしばらく休憩し、コインランドリーへ。幌別は町自体が小さかったのでコンビニ以外はほとんど空いていませんでした。21時か22時で終了だったのか、ギリギリまで洗濯していたところ、コインランドリーのオーナーのおばさんが来てチョッと迷惑そうな顔されました。
まあとりあえず旅してることと、この辺の野宿場所訪ねたりとしばらく会話していたらいつのまにか洗濯も終わっていてました。そしたら所有してるビルの空き室で良ければ泊まって行きなさいとまさかの展開。せっかくなのでご厚意に甘えて泊まらせていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。