1年と29歳

s_DSC00381.jpg

世が休みなら僕は仕事。GWも無事に終わり、ほっと一息。つかの間の休み。
今月で異動してから丁度1年になる。もう1年も経ったのか、経ってしまったのかどちらで捉えればよいのかわからない。来た初日からクソ忙しくてひいひい言ってたなぁと当時の日記を振り返りながら思い出す。どうであれ環境が急に変わるというのは体も心もついていくので精一杯。誰しもがそうでしょう。今ではもう生活に慣れてしまったというか、馴染んでしまったせいでなんとも思わなくなってしまったが。2回目のGWはさほど忙しいとも感じなかった。まあこれから徐々に忙しくなっていくんだろうが。最近はイラつくことが多くなっているのと、まあ辞めるか続けるかいまだに迷っている。。。

そして今日29歳を迎えた。20代最後の年。10年前は19歳、大学1年生。20代半ばまで「最近まで学生だったんだなよなぁ」ていう感覚があったのだろうが、今となってはもう相当昔の事に感じる。すでにそうだが、「若い」なんて思えない。それと気持ちが年齢に追いついていかないなんて思ってたけどさ、徐々に追いついているような気がする。
30歳目前。振り返るにはまだ早いだろうが、これまでぐしゃぐしゃとした20代だったと思う。来年もきっとおんなじことを言っているだろう。決してこれまで順調とは言えない。順風満帆、キラキラしている人たちが腐るほどいる一方で、日本の片隅でひっそりと暮らしている人たちがいるわけで。何か大きなことをしたいしたいだとか、成し遂げたいとか、大それたことは全く思わない。周りの人間がどうのこうのとかそれすらどうでもいい。現実は直視つつ、困らない程度に生きていければいいと思う。

幸せなことや楽しいことはいつも一瞬。続くことなんてない。人生なんてその時その時の瞬間なんだから。いつ死ぬかもわからないから、その瞬間を大事にしてと思う。先を考えることも大事だけど今も大事だ。

s_DSC00400.jpg





スポンサーサイト

毒々

s_DSC00322.jpg

先週地元に戻った際に、レンタルバイク屋で初めてバイクを借りてツーリングをしてきた。セローが良かったが、お値段的にも操作的にもお手軽なPCXを借りることに。普段50㏄の原付に乗ってるので125㏄でも十分なほどに快適。リトルカブと比較しちゃいけないかな。地元に戻っても足がないのでレンタルバイク屋があってよかったと思うのと二輪の免許を取ってよかったなと思う。海岸線をずっと走り、道の駅で足湯に浸かったり。修善寺駅で販売しているアジ寿司がうまいと前々から聞いていたので食べたかったのだ時すでに遅し。非常に残念だったがその分居酒屋で海の幸を堪能いたしましたとさ。

s_DSC00377.jpg

帰ってくるついでに静岡に寄って猛毒展を見に行ってきた。ヒョウモンダコが意外なほど小さくかわいかったのだが、これでフグと同じ毒を持ってるというのだから恐ろしい。あと印象的だったのがゴライアスバードイーターという世界最大のクモ。クモが非常に大嫌で、上蓋に張り付いていくっついていているのを見てあまりの気持ち悪さに身震いしてしまったのだが、あら不思議。慣れって怖いのか、その後まじまじと眺めてしまった。どうやら池袋サンシャイン水族館で猛毒展2というのがやっているのでぜひ行ってみたい。
人間にも毒々しい奴はいっぱいいるが、やはり近づかないのが賢明なようだな。どの職場にもいるだろうけど…
s_DSC00334.jpg

s_DSC00354.jpg

s_DSC00359.jpg

s_DSC00376.jpg

ひこにゃんに

s_DSC00257.jpg

s_DSC00264.jpg

s_DSC00270.jpg

s_DSC00277.jpg

s_DSC00288.jpg

青春18きっぷを使い切るために下呂温泉に向かっていたのだが、電車の遅延に巻き込まれ泣く泣く行先変更する羽目に・・・。あまり西側に入ったことがない為、目についたのが彦根。電車でめちゃめちゃ遠いというほどでもないし、下呂まではむしろ近いし電車の本数もあるのでそちらに向かうことにした。
思っていたよりこじんまりとした街だなあと思いながら、彦根城に向かう。ちょうど桜が満開でタイミングが良かったなあと。城見るのに1000円かかるのとひたすら坂道を登らないといけないのがネックで、ひいひい言いながら登る老人横目にすたすた登っていく。改めて写真で見ても小さな城だなあと思うけど、城は城でその立派な姿になんだか感動すら覚えた。天守閣内部に入ったけどまあ想像した通りの急こう配。人の密集率も高いしよく事故らないなあと思う。まあよく落ちなくてよかった。昔の人間もホントにこんな急こう配をよく上っていただろうと思うし、絶対に登りにくいと思っていたに違いない。並んでいる最中後ろのご老人たちが歴史の話をしていたが、やはり教養があったほうがより楽しめるなあと思う。何も知らずに見てるだけだと「こんなもんか」で終わってしまうことが多いし。時間をずらせばひこにゃんにも会えたのだけど疲れたので他に寄らずそのまま帰宅。

お年なのか、1日中ふらふらするのがきつくなってきた・・・。

京王相模原線散策

s_DSC00256.jpg


ブロガーの方と夜の新宿を散歩したあと、この日は安心お宿というカプセルホテルに泊まることに。数年前に今は亡きグリーンプラザで初めてカプセルホテルというものを体験したのだが、室内があまりにも乾燥していて喉をやられてしまった試しがあるのであまりいイメージがなかった。ただ、今回の感想としてはだいぶ良かったということ。豪華と謳っているだけに設備がきれい、アメニティグッズが揃ってる、ドリンク飲み放題などなどまあ価格的にも十分だと思う。たまたまなのか今回は喉もやられなかったし空調大事だよなと。金があればビジホに泊まりたいけど都内のビジホは高くて手が出ないな(どうせ寝るだけだし・・・)

次の日、京王相模原線を散策することに。京王に一日乗り放題切符が出来たなんてことを今更知ったのだが正直相当うれしかった。南武線に乗っていたときに見た景色が、緑が多くて東京ぽくないどこか地方に似た雰囲気でいいなと。
ただ実際行ってみると駅を降りた後の交通が非常に不便だ。最初に稲城駅周辺を散策しようと意気込んでいたがあまりにも何もなくて「あ、無理」と。一駅ずつ散策しようと思っていたけど、とっとと諦めて南大沢の駅前を徘徊。アウトレットが目の前にあるなんて首都大生はうらやましい。次に京王堀之内で下車して野猿街道の二郎へ行ってきた。評判が良いとのことで確かにうまかった。というかなんかやたらラーメンが綺麗に見えた。なんというかほぼほぼ二郎に行くために相模原線に乗ったんじゃないのかと。
最後に多摩センターへ行ってきたが駅の改札出たところからサンリオ臭が。なんというかが人工的な感じだけど雰囲気的に好きかもしれない。ピューロランドよりパルテノンというか多摩中央公園に行きたかったけど疲れていたので結局行かずじまいに終わってしまい。今更もったいないなと思う。ただ一人で公園に行っても寂しいのは否めないし。

最初900円って高いかなと思ったけど、計算すれば1130円と元を取れていた様で。一日集中してあちこち行くならやっぱりお得なんだろう。他にもいろいろ散策したかったがそんな体力も気力もわかず。電車から見る景色が何というか、あまりにもマンションだらけで要塞というかどこかその光景が異質に思えた。まああだ都内と違ってごちゃごちゃもせず落ち着いた雰囲気は(殺風景すぎるほど)やはり好きかもしれない。さすがに徒歩で散策というわけにはいかないので今度はバイクで散策してみたい。

急かすな

今日から4月。会社の敷地にある桜が咲いていることに気付く。先日暖かいなんて思っていたら手のひらを返したような寒さ。僕の懐も寒いわけでして。。。新年度になろうが環境が大きく変化することはない、いつもと同じ。しいて言うなら面倒な業務・・・というか社長からの宿題が増えただけだ。社長もあれもこれもと話が次第に膨れていって、結局最終的に何が言いたいのか聞いていてよくわからない。なので要点だけ言ってほしいと思う。ただその前に僕がやるような業務じゃないんだけどなぁ…。

最近はフォークリフトでの作業中に物損をよくしてしまう。まあやりたくてやってるわけじゃないのだが。今日もそうだがお客さんの備品を破損させてしまった(備品でまだ良かった)。ちゃんと前方を確認していればよかったが、それを怠ってしまった。ただ急かされてそこまで気がまわらなかったのも事実で、本来誘導員を付けるべきところに人がいないから全て自分でやらなきゃいけないわけでして。モノが大きくなれば前が全く見えなくて死角しかない状態なのでそりゃ事故る可能性も増えるわな。ただでさえ、事故になる要素がかなりある。安全面的にどうなの?って思う事は多々あるし、だけど人がいないし、自分一人で作業しなければいけないし、おまけに急かされるし・・・。上に報告してもやってしまったと言う事実のみで背景など伝わらない。僕がやってしまったのは紛れも無い事実ので反省はもちろんするが何かなぁともやもや感は拭えない。