寒すぎる

先月受けた陸上無線の結果が今日発表されたのだが、自己採点通り科目合格していたのでちょっとほっとしている。次の試験まで残り5か月・・・。それと申請していた電工2種の免状が先日届いたのだが、カードタイプではなく紙にパウチしたものだった。なんという時代遅れ・・・・昭和か。

さて相変わらず寒い日が続いている。日陰で水を流すとそのまま凍ってしまうくらい寒い。
いまだに原付通勤しているのだが、ここ最近はあまりにも寒すぎて指や太ももの痛くて非常につらい。最近はバイクがほしいよりも車がほしいと切に思っている。50㏄にはすでに限界を感じているが、ローンも組みたくないし、貯金を使いたくないし・・・。でも車ほしい。
仕事中もほぼ一日中外で動き回っているせいか、、知らず知らずのうちに体力を奪われている様で夕方やっとパソコンの前に就くとどっと疲れが出てくる。ただでさえ寒いのにビュンビュンの西風が追い打ちをかけてくる。よく風邪ひかないよなあと。本当は温かい事務所で事務作業したいけどそういうわけにいかないし辛いところである・・・・。

はぁ、やってらんねぇ。


スポンサーサイト

寒い

ただただ寒い。そして会社の水道管が凍っていた。人生で初めて見る光景に唖然。

現状社内では板挟みになっているというか、便利屋の様にあっちこっち良い様に使われている。若いから?人員が少ないから?他に動く人がいないから?・・・・・中途半端に仕事を振られ、無駄な責任と仕事が増えるのみ。
サービス(メンテとか修理など)の責任者は再々雇用(実質アルバイト)の人なのでいついなくなるかわからない。その人が辞めてしまえば誰も指導もフォローしてくれる人がいなくなってしまうというなんとも無責任な・・・。そんな中でサービスをやってくれと。上司は営業畑だし、サービス職のことはよくわかっていない。ただ「やって」というが、見積もり書くだけのフロンなら(実作業は下請けがやるので)別に僕じゃなくたっていいでしょって。経験もないのは皆一緒なんだから。ホントいい加減すぎる。

業界自体すさまじく高齢化している。それに加え、親会社の高齢化も顕著。どこの会社でもそうだろうが3、40代の間の層がいない状態である。今の会社は子会社なので社長や管理職は親会社からの出向社員(基本営業畑出身)。サービスの責任者も同じく出向社員でやっていたのだが、親会社もそもそ人がいないので子会社に人を送るだけの余力がない状態である。知識経験を蓄えた世代は引退してしまうし、ただでさえ少ない若手では力不足。さあ人がいない。どうしようということで今さらになって自社サービスマンを育てようとしているわけですが、率直に思うことは「遅すぎる」。いずれこうなることが分かっていたのに何も手を打ってこなかったのだろうか。月曜から昨日までの三日間講習を受けてきて思ったのだが、結局今の職場状況を見るととてもとてもできそうにないです。辞めるしかないな。(と言いつつ、ずるずると今に至る・・・)

そういえば先日受け一陸技の解答がようやく発表されたので早速自己採点。工学の基礎は予想通り落ちてしまったのだが、なぜか工学Bは合格していた。ほぼ一夜漬けで勉強した科目がたまたま受かって、時間をかけた科目は落ちたって・・・。でも実際、なんだか行けそうな気がする~というかんじだったかまさかのまさかだった。前日案だけ落ち込んでいたのは何だったんだろうかと。まあ結果オーライということで、結局過去問を徹底的にやる以外方法はないですねってことだな。結果通知は来月来るのだが、科目合格したということで残り2科目。正直負担が減ったので助かった。7月の試験で何とか取得できるよう頑張りたい。

何だったのか



一体この一週間は何だったのか。駅へ向かう道中ふと振り返って悲しくなった。
今日は陸上無線技術士の試験の為、名古屋へとやってきた。本日工学の基礎の一科目のみ。最近の出題頻度の高い問題を一通りやっていたので大丈夫だろうと油断していたが、解答用紙を見て愕然とした。がらりと傾向が変わっていたのか、全く手を付けていなかった問題ばかり出てしまったのだ。分からん・・・・、もう適当にマークシートを塗りつぶすしかなかった。完敗。
ただ確かに過去問に載っている問題だったので隅々までやっておけば解けただろうとは思う。科目合格を狙ってやる気満々だったのにこのざま。まあ詰めが甘かったってことですね。1年で一番連休の取れるこの冬休み。一体何だったのか、ただただ無駄だった。それを思うと何だか悲しくなってしまった。冬休み最終日の明日は2科目あるが一科目は捨て。さてさて、こちらは科目合格なるか。どちらにせよ7月に持ち越しということは決定済みだ。うぉぅ。
ホテルのチェックインまで時間があったので希望の広場の椅子に座ってぼんやりしていた。昨晩コーヒー飲みすぎたせいか全く寝れず、寝不足の為ぼんやり。噴水の音しか耳に入らず、それがやたら心地よかった。

集中力がない

先月受けた電工2種の試験結果が発表された。残り5分切ったっところで間違えたことに気付いて焦りなが手直しした為、他の部分を確認している余裕が全くなかった。あんなに血流がブワーってなるほど焦ったのは何年ぶりだっただろうか。まあでも結果は無事合格。正直、電気科の工業高校生だったら普通に取っている資格を今更ながら取るのも何だかなあと思うけど、まあ無事合格できたので良かった良かった。
さて、正月明けの休みが終わり、一昨日から冬休みに入った。職業柄この時期にしかまとまった休みが取れない為どこか遠出したいけど、来週にまた試験を控えているためどこにも行けない無念さ。eラーニングを受講しているのだが、一日中パソコンの前にいてずっと動画を見ているのも辛いし、勉強時間より休憩時間のほうが長いといういつものお決まりパターン。嗚呼、やっぱり集中力がないなと思う。

予定より遅だいぶれているので焦る。でも時間がだけが過ぎてゆく・・・・・そしていつものように思う。
「もっと早くから勉強しておけばよかった。」

思考を止めない

新年あけましておめでとうございます。
去年と同じく、新年早々5時から出社して働いておりました。昼過ぎには帰れたので良かったのだが、クソ寒かくて初日の出どころではなかったな。昨日は昨日で、迫りくる資格試験の勉強しようと意気込んでいたのに一日家でぐーたらして無駄に過ごしてしまった・・・。
何というか年末年始に特別な安心感を感じていたはずなのに、ただただいつも通りの連続した毎日にしか過ぎない、そう感じてしまうのがどうも辛い。
昨年1年振り返ってみてほぼ日記を書いてこなかった。面倒くさかった以上に書くことがなかった、いや考えるということをしてこなかったんだろう。確かに日々単調ではあったがそこから感じ取れたことは色々あったはずだったが。
でもなんと言うか、気持ちが風のない海のように変に落ち着いてしまったというのか、20代前半の頃のような葛藤というのが今の自分にはないんだろうなと思う。環境的な要因だろうか?色々なことに敏感だったはずなのに。感覚、思考を研ぎ澄まさないとこのまま何処となく漂流しているだけで世の中のスピードについていけなくなる気がする。モヤモヤしている事は確かだ。

さて、今年やることは資格を取ること。
早速16、17日に1陸技の試験がある。とりあえず法規は受かっているので、残る三科目。勉強しようと思っていても仕事から帰ってきて一回だらーんとしてしまうともう勉強どころじゃなくなる。そこが自分の甘さであり弱さである。毎回同じだから意志薄弱なんだろう。出来れば今年の夏の試験までには合格したいが、せめて今回の試験で2科目は何とか合格したい。
あとは電工事と電検。電工は12日に結果が発表される。恐らくどこかでミスっているはずなのであまり期待していない。
結局資格を取るのも転職へと繋げるため、自分の為だ。応募職種が実務経験がないだろうから苦しいだろうけど。

それと今年でようやく30歳になる。30歳で死ぬとか言っていたが今はもうちょっと生きてみたいという気持ちはある。今はね。
それも精神が安定しているからだろう。また何かのきっかけで崩壊したらどうなるのかな。壊れて再構築して、壊れて再構築しての繰り返し。まあ辛いことのほうが多いが、1年に一回くらい良いことがあるかなと期待しよう。そう願って生きよう。今はね。